top of page
CAMPLIFIRE ISA, PRINCIPAL Takahide Hayashi

CAMPLIFIRE ISA, PRINCIPAL

Takahide Hayashi 林 隆秀

子供の成長自立のために、実現成功などプラス体験だけでなく、葛藤挫折などマイナス体験・多様な体験が不可欠です。社会変化により子ども同士が遊びに熱中し、時には葛藤挫折しながら影響を与え合う機会がなくなり、 自然など自由な遊び場がなくなる一方で室内でのTVゲーム、インターネットなど個人の遊びに熱中する子供が増えています。このような中、自然体験としてキャンプ参加により​

 

  1. 地球・自然についての理解

  2. コミュニケーション能力の向上

  3. 自発的行動力と社交性の向上

  4. 課題解決能力向上

これらの効果が期待できます。教育評論家 尾木直樹氏はこれからはIQからHQ(人間性知能)の時代であり、社会で生きるためのHQを伸ばすのは、五感を使った原体験が必要であると言っています。今回のキャンプが参加者にとって、よりよい経験となるようお迎えしたいと思います。

Profile

1954年 鹿児島県大口市生まれ
1976年 立教大学経済学部卒業
1980年 ㈱植村組工事部退社後帰郷 

林建設㈲入社以降、大口建設工業㈲、㈱ハヤシ商事、㈱ハヤシシステムズコーポレーション、㈱セントラルホテル八代、㈱ジオマックス、㈱フォレステック、社会福祉法人 林の森、㈱ハヤシエネルギーシステム、グループホーム忠元を創業、合併・廃業・株式譲渡を実施。現在㈱ハヤシ商事、㈱ハヤシエネルギーシステム、㈱ジオマックス3社経営。

趣味 鹿児島中央高校山岳部にて競技登山に没頭した3年間が、青春の良き思い出。公益社団法人鹿児島工業倶楽部 理事鹿児島経済同友会 幹事

2006年 鹿児島キワニスクラブ 初代会長

2021~2022年 キワニス日本地区

 代表ガバナー日本聖公会九州教区

 事業委員長立教大学校友会鹿児島立教会 代表幹事

Support

Isa City, Kagoshima Prefecture
Kagoshima Prefecture Isa City Board of Education
Presented by
Humony International logo
bottom of page